スキンクリームの新星

スキンクリームはスキンケアを行うための基礎化粧品を指し、「美容クリーム」などとも呼ばれています。肌に浸透した化粧水や美容液が蒸発しないように閉じ込めておく目的で使われます。保湿が目的のクリームなので油分が多く、ベタつく感じがあることからスキンクリームを敬遠する方がいらっしゃるようですが、ある程度のベタつきは仕方がないと割り切った方がよいでしょう。

スキンクリームに配合される成分としてよく知られているものとして、「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、「セラミド」があげられます。3つとも人間の体内にある成分ですが、年を取ると減少することから意識して補給する必要のある成分です。これらの成分が、購入するスキンクリームに含まれていることをご確認ください。

美容の技術は年々進んできており、次々と新しい成分が発見されます。現在注目されているのが「シルクフィブロイン」という成分です。シルクフィブロインは絹、「シルク」から発見されたということです。シルクフィブロインが良質なタンパク質であることから、絹とスキンクリームという結びつけるのが難しいようなものが結びついて、化粧品として開発されました。

シルクフィブロインを配合しているスキンクリームですが、話題の成分ですから次々と発売されています。ただ、シルクフィブロインは希少価値のある高価な成分なので、ひとつのスキンクリームにどれぐらい含まれているのか不明です。スキンクリームを購入する際は説明書きをよく読んで、シルクフィブロインが高配合であることをご確認ください。当サイトでは、シルクフィブロイン配合のクリームについて、さらに詳しく解説します。